top of page

曖昧さを見直す



日本人はとても曖昧な民族であることは私たち自身がよく理解していると思います。

競争社会で生き残るためには自己をしっかりと主張しないと負けてしまう。

最近では日本的曖昧さはあまり良くないと思う人も増えています。


私も以前は日本的な曖昧さがあまり好きではありませんでした。

しかし最近は「曖昧さ」についての認識が変わってきました。


曖昧であることは決して弱いことではなく、使い方によっては柔軟な強さになることに気づいたからです。


一つに決められないという曖昧な状態は自分の意見を主張をするだけでなく、自分の言動が他の人や環境にどんな影響を与えるのか意識をしている状態です。


Yes か No

正義 か 悪か

正しい か 正しくない


極端な選択ではなく「曖昧」を適切に表現すること日本人に必要であり、世界の人たちにも必要です。

からだ躍るでは曖昧さを明確に身体から伝えることをテーマにしています。

自分自身の曖昧さの見方を変えてみませんか?

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page